ブログトップ

いちのすけえん

ichinoske.exblog.jp

落語家、春風亭一之輔の日記。寄席定席、その他落語会の出演情報。

<   2007年 07月 ( 21 )   > この月の画像一覧

高岡を立ち、白川で寄り道し約五時間。

美濃を通ってようやく飯田に到着。


信濃毎日新聞主催の大人向けの会。

千秋楽、皆しぜん気合いが入ります。

『真田小僧』

乗り掛かった舟で一応毎日ネタを代えてみました。

お客さんは変わるので関係ないけど……。

『新聞記事』『つる』なんてホントひさびさにやったなぁ。また寄席でやってみよう。


どこの会場もよく笑ってくれるすばらしいお客さまでうれしいやら、うれしいやらでした。       

さぁ、この感覚のままでいると寄席でえらいことになるので早くシフトチェンジしなくては。


ヨルは千秋楽の打ち上げ!!!

わーっと。

明日も早いんで清くボトル一本。
[PR]
by ichinosuke1nosuke | 2007-07-29 08:41 | らくご
e0082758_17273523.jpg

昨日の七尾がおわり、そのまま富山県高岡へ一泊。

ハードスケジュールです。

朝、九時半に最終公演の長野県飯田へ出発。


途中、岐阜白川郷で息抜き。


世界遺産です。


この写真はとばくち。のんびりしとります。
[PR]
by ichinosuke1nosuke | 2007-07-28 17:27 | らくご
e0082758_1255881.jpg

車もがらっと模様替えして、能登空港から一路、七尾へ。

その間も〇志郎兄さんのテンションはあがらず。


七尾こども劇場。

楽屋の差し入れにさざえのつぼ焼き!

みな悪戦苦闘しながら、こじ開け、こじ開け、血まみれになりながら完食しましたよ。うまかった!

『つる』

三年ぶりくらいにやりました。


帰りぎわ名前を覚えてくれた子供たちが「しゅんぷーてーいちのすけー!ばいばーーいっ!」と叫んでましたよ。


『さん』ぐらいつけぃ、『さん』ぐらいっ!
[PR]
by ichinosuke1nosuke | 2007-07-27 12:55 | らくご
同行の鏡味仙志郎兄、入船亭遊一兄のブログも合わせて御覧くださいませ。

当たり前ですが同じようなこと書いてます。


輪島から、七尾へ移動。

と思ったら、コンビニの駐車場でアクシデントっ!!

書いてもいいですかねぇ。仙志郎兄さん。

いいですかね?

……はい。ありがとうございます。


ワゴンがバックしたら電信柱に激突。


後部ガラスが大破しました!!!

本当は大破した写真を撮りたかったんですが、その時は……そんな雰囲気ではなく……。

惜しいことしたな。


新たなレンタカーをかりに能登空港の支店に。

輪島から後ろスカスカ状態で手負いのワゴン疾走!!!


おはやしのまいさん曰く、「空港見物できてかえって得した気分です」と。


どこまでものんきです。


しかしまあ、能登空港。

人、いなかったなあ。

ヒル飯食いにレストラン入ったら、社員食堂と化していた………。
[PR]
by ichinosuke1nosuke | 2007-07-27 09:33 | らくご
e0082758_9142219.jpg

旅公演も折り返し。

福井からぐぃーーーんと北上して四時間で能登輪島へ。

途中、千里浜をワゴンで爆走!海岸線の砂浜が車が走れるほど固まっているのです。

車が走ってる脇で海水浴客が戯れ、砂浜に道路標識が立っているという………。

言葉で説明してもわからんな。


日本海ギリギリにそびえ立つ、高級ホテルへチェックイン。

お客の車が来ると仲居さん総出でお出迎え。

玄関にでっかい太鼓が鎮座してて、女将がそれを乱れ打ち!!


ドンドコ、ドンドコ、ドンドコ、ドンドコっっ!!



今春に震度6強の地震があった輪島。

その慰問も兼ねたこども劇場。

和室にギッシリ200名以上の老若男女のお客さま。 

笑顔が気持ちいいです。


『狸札』を。


終演後、出演者全員に輪島塗りの名入りのお箸をいただく。

よし、これで摘みまくろうっ。



少しくたびれてきたな……。
[PR]
by ichinosuke1nosuke | 2007-07-26 09:14 | らくご
e0082758_9171348.jpg

二泊した山代温泉では比較的余裕があったので温泉三昧でした。

一日三浴。


ヒルすぎに出発。県をまたいで福井に突入。


宿に着いて公演まで市内散策。

福井城趾のお堀端をぐるぐるぐる回る。


会場の福井市民会館へ。

玄関まえの立て看板の出演者の似顔絵。

真ん中が私だそうで……。

これ竹内力だろ。


そんな『落語界の竹内力』は『子ほめ』


ハードボイルドな子ほめ。
[PR]
by ichinosuke1nosuke | 2007-07-25 09:17 | らくご
e0082758_11265127.jpg

午前中、洗剤に振り回されたので午後のひとときは乙にいこうと、山代温泉にある北大路魯山人の別荘を見物。

『美味しんぼ』の海原雄山の大師匠の別荘!

なるほど、海原雄山の大師匠だけある!

天井が低かった!

背が低かったんだねぇ………。


にわかに雅びな気分になるのも束の間。

夕刻、車で40分、石川県能美市へ。


称仏寺(しょうぶつじ)というお寺さん。

こどもが居たけど、いろんなネタを試そうと『新聞記事』

途中、『ヨバイ』という言葉が!

「あ、まずい」と思ったときには時遅し。


ま、いっか。

どうせそのうち覚える言葉だ。


二時間笑いっぱなしのお客さま。

クスグリひとつひとつにスタンディングオベーション。

            素敵なひととき。


打ち上げのラーメン屋にて、某師匠の後頭部。小生ビール一杯で驚きの赤さに!!!!
[PR]
by ichinosuke1nosuke | 2007-07-24 11:26 | らくご
宿は山代温泉。

夜が明けて三日目。

洗濯がしたくなり、宿のひとに尋ねると歩いて三、四分のところにコインランドリーがありますと。

出発。

着物を洗うため(化繊の着物は洗濯機で洗えます)、近所のコンビニで洗濯ネットを購入……、

しようと思うが、おいてない。

しかたなし、てくてく歩くと『おしゃれはうす』という名のおしゃれな洋品店があるのでそこで購入


「旅行ですか?」
「はい、コノ近くコインランドリーがあると聞いたんで」
「……、はぁ、そうですか(あったかなぁ?という顔で)調べてみましょうか?」
「いえ、地図ありますんで大丈夫っす」
「そうですか、ありがとうございました」

その後、近辺を宿のひとにもらった地図頼りに探すも、コインランドリー見つからず


10分近く『おしゃれはうす』の周りをぐるぐる。危うくおしゃれになるとこだった。

観念しておしゃれはうすに戻り、地図をみせると

「ここならもっと手前ですよ(苦笑)」

恥ずかしい。

引き返すと、汚いビルの汚い一角に汚いコインランドリーが申し訳なさそうにたたずんでいる。


入ると内部も外見同様、汚い。

蚊と小蝿がふわ~~~っ。

洗濯機が五つ、四つ故障。

乾燥機が四つ、二つ故障。

洗剤の自販機、故障。

あ、洗剤!

洗剤忘れてた。


また引き返し、最初のコンビニへ。

ハミングしかおいてない。

この辺の人はセーターしか着ないのか。

てくてく歩き、おしゃれはうすを通り越しコンビニBへ。

アタック発見。でかい箱入り。旅には不向き。袋に小分けされた旅行用がないのでコインランドリーとは反対方向へまたてくてくてくてく。

コープ発見。でかい箱入りのみ。
液体のエマールでもいーが、詰め替え用の袋入りしかない。

店員に聞くと、「詰め替え用しかありません」

………、この辺の人は初めてエマールを使うとき、いきなり詰め替え用から購入するのか?使いづらいぞ。袋から直に出すのは。まわりビタビタになるよ。


近くに薬局があるので、そこならあるのでは。と云うので表へ出ると。


………雨だ。


もうっ!


しかたなくコープで200円のビニール傘購入。

これじゃただ傘買いにきただけでねぇか!!!!!


傘が小さいので濡れながら、てくてくてくてく薬局へ。


ない、旅行用がない。

ちくしょう…。

「この先にもっと大きい薬局が、そこなら…」
「……どれくらい先?」
「車で10分」
「………」


またまた引き返し、

「…あっ!おしゃれはうすにあるかも!?」

おしゃれはうすには普通の洗剤すら、無かった……、詰め替え用エマールすら。

店員に顔、覚えられた。


「マルユーさんにならあるかも」
「ま、マルユーさん?どこすか!」
「もっと戻って左」


雨が強くなってきて、振りかえると肩のあたりに白いビタビタの染みが!

!!!

下ろしたての無印良品の紺のシャツに染みがっっ!

見ると新品のビニール傘についてるわけのワカラン粉が雨で溶けて肩に降り注いでる!!!

粉ふるなっっっ!!!!


鬼の形相でマルユーさんに!

とうとうあった!
とうとう見つけた!
旅行用のトップ!!!!

218円。

すぐに買い込み、汚いコインランドリーへ。

肩はビタビタ。


唯一、正常な洗濯機に汚れものをぶちこみ300円を投入。

ガラガラがらがらーと、回り始めた洗濯機から


……………洗剤が出てきた……………。


コインランドリーの名前は『ホープ』
[PR]
by ichinosuke1nosuke | 2007-07-24 09:40 | らくご
e0082758_105120100.jpg

篠ノ井から四時間、石川県加賀市へ


こども劇場、小学生と保護者の会。


思ったことをすぐ口に出してしまう男の子が一名。

声のでかいこと。

わたしが蕎麦を食べる音をずるーっと出すと…

『ブタみてーだなーっっ、ぶーーーっっ!!』


仙三郎社中の五階茶碗で…

『おっこったらえらいこっちゃなーーっっ!!』

トリの市馬師匠が上がる前に…

『あー、やっとこさ、あと30分かーーっっ!!』



なんじゃいな。


ま、素直でいーけどさ。



やったのは『初天神』


写真はサービスエリアの燕のヒナ。
[PR]
by ichinosuke1nosuke | 2007-07-23 10:51 | らくご
e0082758_831136.jpg

朝、7時半に上野をワゴン車で出発。

            四時間ほどで篠ノ井市民会館。

「ほど」なんて簡単に云いますが、運転はすべて遊一兄さん。

わたし、免許ないので…

無力な男ですいません。


コノ旅の番組は

一、寄席ばやし実演
一、一之輔
一、正楽
一、遊一
一、仙三郎社中
一、市馬


今日は川中島が近いゆえ、『やかん』



打ち上げの長野市内のそばやさんに小さん師匠の色紙。その脇に浜崎あゆみの色紙!!

新旧アーチスト夢の共演でした。


打ち上げも初日なので日付が変わって無事お開き。


よるの長野を舞い歩く正楽師匠。
[PR]
by ichinosuke1nosuke | 2007-07-22 08:31 | らくご

by ichinosuke1nosuke