「ほっ」と。キャンペーン
ブログトップ

いちのすけえん

ichinoske.exblog.jp

落語家、春風亭一之輔の日記。寄席定席、その他落語会の出演情報。

<   2005年 12月 ( 15 )   > この月の画像一覧

17日『くしゃみ講釈』
18日『干物箱』

両日とも満員。ありがとうございました!

17日は大学の大先輩御来場。緊張しましたよ。


そろそろ今年の10大ニュースでも考えよう。
[PR]
by ichinosuke1nosuke | 2005-12-22 23:16 | らくご
今回から朝也が加入。

『のめる』をやる。

打ち上げにて今後の方針について相談。


どんな風にまとまったんだっけ…

思い出せん。


とにかく来年も続きます。

ああ、次回は2月28日。私がトリです。
[PR]
by ichinosuke1nosuke | 2005-12-22 23:11 | らくご
一門の忘年会。

銀座にて。

最中に声がパンク。


始めのうちは甲高くなる。

まるで時の人、内河氏のよう。

しばらくすると、かすれ声に。

まるで萩原健一のようになる。


ソウケンからショーケンになりました。
[PR]
by ichinosuke1nosuke | 2005-12-22 23:06 | らくご
師匠宅へ。

師匠のうちはビルの5階。エレベーターがない。

息が切れたら運動不足。


今日は額に汗。

ひたむきに見えただろうか…。
[PR]
by ichinosuke1nosuke | 2005-12-22 22:56 | ぶつくさ
静岡での会。一人で。

二つ目の会。ネタ帳見ると以前来た人たちは3席。

『真田小僧』『鮑熨斗』『竹の水仙』

思えばここで声がつぶれたんだ。

お湯割りもいけなかったか。
[PR]
by ichinosuke1nosuke | 2005-12-22 22:51 | らくご
声が出なくなり健康のありがたさ痛感。

そんななかのおシゴトはいたたまれないす。
[PR]
by ichinosuke1nosuke | 2005-12-16 09:53 | らくご
お食事付きの落語会。レストラン紫水にて。

ここは本願寺内の伝道会館にある。

『鮑熨斗』『竹の水仙』

マダムがいっぱい。メニメニマダム。

おいしい食事に熱燗。



カミサマありがとう。





あ、本願寺だった。
[PR]
by ichinosuke1nosuke | 2005-12-09 22:41 | らくご
10時半に曙橋。暮れの挨拶、二つ目大勢で押し掛ける。

11時に身体が空いた。次の予定は4時半に築地である。

飯食って新宿御苑へ。

なだらかな芝生の丘に鞄を枕にしてお日様に向かって寝そべる。

まぶしいので顔にハンドタオル。ヘッドホンで憶えねばならぬネタを聞きつつ、ウツラウツラ。


あっという間に二時間たってもうた!!!!!!

3時過ぎると肌寒い。完全に冬、ですな。
[PR]
by ichinosuke1nosuke | 2005-12-09 22:35 | ぶつくさ
川口の料理屋さんで同窓会。といっても私の同窓ではない。

初めて会う方々の同窓会に私も同席し、ともに飲み語るのだ。着物着て。

仕事か???

でも依頼されたのだ!

当たり前だ、自分からおしかけては行かない!


昭和18年生まれの方々の小学校の同窓会。出席者は5名。

おばさんがおじさんを『くん』づけで呼ぶのはかわいい。

「おう、なんだよぉ。○○っ!」とおじさんがおばさんを呼び捨てにするのもかわいい。

些細なことでもめて、すぐに笑って仲直り。3時間の間に何度も繰り返す。


3時間じゃ足りなかったんじゃないかしら。

みんなワイワイ云いながら駅の方に消えて行きました。

まるで放課後のようで、「気をつけて帰んなよう〜!!!」と声を掛けたくなりました。



しかしまぁ、なぜ俺は必要だったのかしら????

でも楽しかったです。
[PR]
by ichinosuke1nosuke | 2005-12-09 00:37 | ぶつくさ
12月はひま。文楽を国立小劇場にて。野崎村。三味線ひいてる豊澤龍イチさんは私の大学の先輩。一年の時の歌舞伎舞踊研究会の四年生。先日、国立の楽屋食堂にて遭遇。かわらぬすてきな雅びなヒトだ。
[PR]
by ichinosuke1nosuke | 2005-12-08 21:57 | らくご

by ichinosuke1nosuke