「ほっ」と。キャンペーン
ブログトップ

いちのすけえん

ichinoske.exblog.jp

落語家、春風亭一之輔の日記。寄席定席、その他落語会の出演情報。

<   2005年 09月 ( 21 )   > この月の画像一覧

名古屋の含笑寺にて「含笑長屋  春風亭正朝の会」。前方に上がらせて頂く。

お寺の本堂に350人近くのお客様。まるで避難所のようであったが、みなゲラゲラと陽気な避難民。いや、とてもよいお客様でした。  『夏泥』  この間二つ目勉強会でもやったが、その時のダメだしを頭に入れて。

関山和夫先生に初めてお目にかかる。大師匠の柳朝師と同い年。お元気だ。皆先に死んでいくと、寂しげにおっしゃっていた。しかしながら、眼光は鋭かった。

南山大学の学生さんが会のお手伝いをしていた。楽屋にお茶を運んできた女の子は膝をついて両手で障子を開け中に入って一礼し実に丁寧にお茶を出した。……うわー。感動。

かんたんなことでおじさん参ってしまった。
[PR]
by ichinosuke1nosuke | 2005-09-30 23:21 | らくご
会も押し迫ってくると、イライラしてくる。よわいねえ、人間が。

「幇間腹」   「大山詣り」   いい噺よねえ、どちらも

出来はともかく。

ただ、自分の持ち味は何となく再確認出来た気がする。  何となく…。


次回は『第10回  春風亭一之輔の会』   10月23日(日)  五時半より   於、落語協会二階
          演目  「雛鍔」 「宮戸川」
          出演   春風亭一之輔      春風亭朝也
[PR]
by ichinosuke1nosuke | 2005-09-30 01:27 | らくご
浅草ひるの代演の為、早々に家を出る。12時半の上がり。ちょい深めの出番の代演なんてラッキー。しかも浅草はかなり久しぶり。前出たのはいつの事か…。

『代脈』っす。これっす。

その後昨日と同じく黒門亭。こちらはネタ出しで『ろくろ首』。この松公は、好きだ。もうどうしようもなくお嫁さんが欲しいのだ!   叫びを上げるほどに!   のたうち回るほどに!   いいなぁ〜。

好きな人間を演じるのは、精神衛生上よい!  決して自分と同じような人間という訳でないがよい!  よい、よい!
[PR]
by ichinosuke1nosuke | 2005-09-25 22:15 | らくご
引っ越した!    エキサイト!

今日も一日エキサイトな日でありますように…
[PR]
by ichinosuke1nosuke | 2005-09-25 09:31
台風がきてるそうな。アメリカのリタさんも史上三番目の大きさだそうな。そんな中でも黒門亭は慎ましやかに開きます。じたばたしない。大人の貫禄である。さらくちで『お化け長屋』今日で今年はおわりだな。このネタも。声がでかくて耳がきんきんすると、お囃子の金近こうさんから苦情。僕も『大人の貫禄』で我慢するように一喝。大人は動じないのだ。……………動じないわりに出来は悪いといういかんともしがたい結果ではあったが。下げをどーにかしたい。
[PR]
by ichinosuke1nosuke | 2005-09-24 07:59
ホテルからタクシーで20分ほどで某高校。私立で進学校。みな頭はよさそうだ。この日の会場も体育館。この日は気温が32度。なかは灼熱地獄でやした。設営の時点で汗だく。 ここまできたら最終日も『転失気』よく聴く生徒さん、もっと声に出して笑ってくれれば云うこと無しでした。ありがとう。この三日間で学んだこと。学校寄席ではいったん生徒の目線に合わせて、いっしょに大人の位置にまたのぼる。ちゃんと連れてこれれば大人なんだから後は大丈夫。でもまぁ、これがむずかしいなあ
[PR]
by ichinosuke1nosuke | 2005-09-22 07:58
また熊本のとある高校にて学校寄席。出演者は昨日と変わらず、三遊亭歌彦兄と柳貴家小雪姉とあたし。共通意見としては『きのうよりいい……』そしてまた『転失気』普段寄席であまりやらない噺。もっと変えようもあるし、稽古のしがいもあるなぁと前向きに検討してみた。やってみましょう。その日のうちに博多へ移動。ヨル、柳家喬太郎師、太田家元九郎師と合流。あしたはこの五人。その前に一献傾け、みなで気炎を上げる。上げすぎだ。ボトルが五本空く。ヴおぇぁぁーーーーーーーん。
[PR]
by ichinosuke1nosuke | 2005-09-21 07:57
とある高校にて学校寄席。体育館は冷房勿論無く、サウナのよう。トップバッターで『転失気』 しーーーーーーーん…………………。別にあまり動じないけどさぁ。たまにありますよ、こんな学校。自分がわるいんです、はい。
[PR]
by ichinosuke1nosuke | 2005-09-20 07:56
愛兎が病に。すまん。もっとちゃんと見ていてあげればよかった……………。悔やんでもしかたない。根気よく治してあげなければ…………。それにしても明日から旅なのは間が悪いったらないっ!!悔しい。『くやんでもしかたない』と今書いたばかりなのに…。
[PR]
by ichinosuke1nosuke | 2005-09-19 07:56
二回公演! 雰囲気がよい! こどもは素直! 大人も乗り気! と、なると演者も気分よし!! 前座がわりに『牛褒め』と『代脈』後者も以外とこどもウケするなぁ。いろいろバリエーションを変えて学校寄席でもやってみよう。 仙三郎師のどびんの芸に感嘆の声。バチの上でくるくるくるくる回るどびんはまるで生きてるように楽しげだ。 ばなれしてきた自分をすこし感じた敬老の日。明日からは九州三日間。いづれも高校公演。荒々しくいこう。九州だし。なんのこっちゃ
[PR]
by ichinosuke1nosuke | 2005-09-19 07:55

by ichinosuke1nosuke