ブログトップ

いちのすけえん

ichinoske.exblog.jp

落語家、春風亭一之輔の日記。寄席定席、その他落語会の出演情報。

9日 小唄の会in 名古屋

e0082758_0512096.jpg

件の小唄の会。


なんと名古屋能楽堂にて。

『ときわ会』という会で師匠は時村和輔さん


私は弟子ではありません。

何故こういう事んなったかというと、ある日時村さんから突然メールを頂きまして、「小唄の会で間に挟まって落語を……」という事で二つ返事。

しばらくすると、「落語だけじゃなく、唄ってみませんか?」

深く考えず、「はぁ、そーですか」

「ついちゃぁ、兄弟子の柳朝さんも一緒に!」

「はぁ、じゃ聞いてみます」

兄弟子に伺うと、「おー、いーよぉ」


しばらくしてテープが送られてきて、聞いてみて驚いた。


これを唄うの?…、安請け合いはするもんじゃない………。



先月、東京に出てこられた時村さんと一度稽古をして、当日を迎える。



まあ、なんというか……。


いい経験、勉強になりました。


しかしまぁ、落語の方が、どれだけ気が楽か。



あれ?…………、この台詞、先月も呟いた憶えが………


あ、踊りっ!!


と、いうわけで。

みなさま、本職も頑張りますんで16日は是非是非是非ぃ、内幸町ホールにおいでくださいませ。



追記
能楽堂には祇園の芸妓さんと舞妓さんも!

唄い終わった私に、「おつかれやすぅ」


はい、疲れましたです。



写真は能舞台の橋がかりを歩く私の後ろ姿。


なかなかなかなか。
[PR]
by ichinosuke1nosuke | 2007-12-11 00:51 | らくご

by ichinosuke1nosuke