ブログトップ

いちのすけえん

ichinoske.exblog.jp

落語家、春風亭一之輔の日記。寄席定席、その他落語会の出演情報。

6月9日

朝、サンフリ。


電話ゲストは盲目のスーダン人、モハメド・オマル・アヴディンさん。

エッセイ『わが盲想』を出版されまた。日本語ペラペラ、だじゃれを不意に飛ばしてくる。35歳、同級生でした。


スタジオゲストは椎名へきるさん。二度目のご出演。

かわいいねえ。しかしながらCDの告知を敢えてしたがらないのが男らしい。




昼、上野鈴本、交互「初天神」


池袋演芸場、「蛇含草」、復習わずやったらたどたどしいことこの上なし。



夕方、マッサージ一時間。

夜、呑み会。

以前、サンフリの電話ゲストをすっぽかした時代劇研究家の春日太一氏。

大学の二級下で同い年で、活動弁士の片岡一郎氏が共通の友人であることがわかった。

話がとんとん進んで、三人で飲む。



あっという間に終電。

四時間、延々ゲス話。


昨日と変わらねえじゃねーか。



アヴディンさん、春日さん、片岡さん。奇しくも今日1日で三人の同い年と語ることに。

あ、あと番ちゃんもだ!
[PR]
by ichinosuke1nosuke | 2013-06-10 14:14 | らくご

by ichinosuke1nosuke