ブログトップ

いちのすけえん

ichinoske.exblog.jp

落語家、春風亭一之輔の日記。寄席定席、その他落語会の出演情報。

外記猿

上方の桂吉朝師が亡くなられた。享年50歳

私が入門する以前に、私の師匠と馬桜師と三人で「雪月花の会」をやられていた。
2003年の冬。読売GINZA落語会で一度だけお会いした。

「一朝のところの朝左久と申します」
「ああ、そうですかぁ。一朝にいさんに『芝居の喧嘩』おせぇてもろたんやけど、あら大阪には移せんかったわぁ」

『風うどん』を袖で聴いた。
うちの師匠はすごい人と会をやってたんだなぁ、と思った。

いつだったか師匠が云ってた。「あいつは上方で一番上手いんじゃないかなぁ」

今年の一月に読売GINZA落語会でうちの師匠と並んで出演されるはずだったが、急遽休演された。

楽屋で師匠が残念そうに、心配そうにしていた。


今年の夏の大銀座落語祭で大勢の御弟子さんにお会いした。みんなしっかりした方でシュッとしていた。「むむ、負けられん!」と思った。




とても綺麗な高座でした。

ご冥福をお祈り致します。
[PR]
by ichinosuke1nosuke | 2005-11-10 09:51 | らくご

by ichinosuke1nosuke